Redmine

【Redmine 4.0】のために Ruby バージョンアップ(2.3→2.5)

投稿日:2019/05/31 更新日:

Redmine 4.0 にするぞ!の前に・・・

愛用している Redmine プラグインが 4.0 対応されたのと、

Redmine 大阪 で 「そろそろ Redmine 4.0 バージョンアップいいですよ」といわれ、

気分が高まったので、Redmine 4.0 にします!

 

しかし、その前に2年間更新をサボった結果 Ruby がサポート外バージョンに。

そして Ruby の達者な人々から

「Redmine 4.0 には Ruby 2.5 が早いよ!」聞いたので、

まずは Ruby のバージョンアップをします。

具体的には Ruby 2.3 → 2.5 にします。

ruby2.5_update_for_redmine4.0_top

しかし私はそういえば Ruby のバージョンアップというものをやった記憶がないのでした。

(毎回新規構築とか Bitnami で一発とか)

Ruby は rbenv を使うといいらしい

2年前に今の Redmine サーバーを新規で立てた際に、

Ruby のインストールは悩んだ。

ソースからインストールとか、怖いじゃないですか?

「Ruby どうやって入れるのがいい?」

「rbenv がいいよ!将来更新するときも楽だし」

といわれ、そうしたらしい。

(失念していた)

rbenv ってなによというかたは、これがすごくわかりやすい。

20190105 rbenvについてのメモ|akiko.pusu|note

Ruby バージョンアップ方法とその場合 Redmine ではどんな作業か調べる

【参考1 rbenv update】

rbenv-updateを使ってRubyのバージョンを上げたついでにRailsをインストールした(CentOS) - Qiita

【参考2 Redmine の Ruby バージョンアップ手順】

Redmineで使用しているRubyをバージョンアップする(1.9.3->2.1.2) - Enjoy*Study

ありがてぇありがてぇ・・・

前提条件

  • Ruby を rbenv で入れていること

【作業概要】rbenv 環境で Redmine の Ruby バージョンアップ(2.3.1 → 2.5.5)

どうやらざっくりこんな手順らしい。

1. rbenv の最新化(rbenv-update): rbenv でインストールした Ruby を 2.3.1 → 2.5.5 へバージョンアップ

  • rbenvをupdateするrbenv-updateをインストール
  • Ruby 2.5 をインストール
  • システム全体で使用する Ruby バージョンを 2.5 にする

2. Redmine モジュール(Apache Passenger)の最新化、設定ファイル修正

  • bundler のインストール
  • Redmineのインストールディレクトリで、必要な Gemを取得
  • Passengerも取得
  • Passengerの設定ファイル修正
  • Redmine(Apache) 再起動

よっしゃやったろ!

1. rbenv 環境で Redmine の Ruby バージョンアップ(2.3.1 → 2.5.5)

1. rbenv の最新化(rbenv-update)

rbenv でインストールした Ruby を 2.3.1 → 2.5.5 へバージョンアップ

  • Ruby バージョン確認
  • rbenv バージョン確認
  • rbenv で取得できる Ruby を確認(古い)→今回欲しい Ruby 2.5 は入っていない→rbenvをupdateする

  • rbenvをupdateするrbenv-updateをインストールする
  • rbenvをアップデート
  • rbenvのバージョンを確認

  • rbenv で取得できる Ruby を確認
  • バージョンを指定してRubyをインストールするRuby 2.5 系最新の ruby-2.5.5 をインストール

  • rbenvでRubyのどのバージョンがインストールされているかを確認→まだ 2.3.1 のまま
  • システム全体で使用するバージョンを 2.5.5 にする
  • rbenvでRubyのどのバージョンがインストールされているかを確認→ 2.5.5 になった!

2. Redmine モジュール(Apache Passenger)の最新化、設定ファイル修正

  • bundler のインストール
  • bundler 1.14.3 インストール(成功)
  • Redmineのインストールディレクトリで、必要な Gemを取得
  • Passengerも取得
  • ここを控えておくようにとメッセージ
  • Passengerのインストールが完了したら、 /etc/httpd/conf.d/passenger.conf を修正。
  • redmine Apache(passenger) 設定ファイル: redmine.conf
  • 修正内容確認
  • Redmine(Apache) 再起動

Redmine モジュール(Apache Passenger)の最新化、設定ファイル修正

bundler のインストール

Redmineのインストールディレクトリで、必要な Gemを取得

実は最初に bundler を素直にいれたところ、2.x がインストールされ、

その後 1.14 にしなさいと怒られたのでそうした。

Passengerも取得(ここを控えておくようにとメッセージでてる)

Passengerのインストールが完了したら、

/etc/httpd/conf.d/passenger.conf を修正

Redmine(Apache) 再起動

Redmine でバージョンを確認→OK

ruby2.5_update_for_redmine4.0

ちゃんと Ruby が 2.5 になった。

よかった。

まとめ

どうにか無事に Ruby のバージョンアップはできたらしい。

あとは Redmine を 4.0 にするだけだ。

ドキドキ

続く!

スポンサーリンク




-Redmine
-

Copyright© netazone.net , 2019 All Rights Reserved.