ウェアラブルガジェット ライフ

GARMIN vivosmart J HR と Apple Watch を比較してみた(1/2)【ソフトウェア編】

2016/08/14

GARMIN vivosmart J HR(以下 vivosmartと表記) を装着して

一ヶ月たちました。

実は vivosmart はスマートフォンと連携するスマートウォッチ的な機能があります。

購入するまでノーチェックでした。

以前使ってた NIKE FuelBand と同じく、

計測メインの単機能ガジェットだと勝手に思いこんでいました。

私は Apple Watch を発売日に購入して以来、

毎日装着しているのですが、

結構重なる部分があります。

せっかく両方のユーザなので、

vivosmart と Apple Watch の比較記事を書いてみました。

長くなったので、

としました。

ソフトウェア編

通知が受けられる

私は左手にApple Watch、右手に vivosmart をつけてます。

それぞれiPhoneと連携しており、以下のような通知が来ます。

  • メッセージ(Apple)
  • LINE
  • Twitter通知(Tweetbot)

▲メッセージ

表示文字数は Apple Watch のが少し多いですが、

基本誰から?くらいで内容は見ないので十分。

表示はどちらも通知があり次第、勝手に出てきますが、

だいたい vivosmart のほうが先に震えます。

カレンダーの予定や、リマインダは Apple Watch からしか通知が来ません。

iPhoneを鳴らして探す

iPhoneと接続されてる状態でiPhoneを見失ったときに、

それぞれiPhoneを鳴らして探すことができる。

  • Apple Watch : 下からスクロール→「iPhone鳴らす」ボタン押す
  • vivosmart : 物理ボタン一回、右スクロール1回、「鳴らす」ボタン押す

こちらは互角です。

結構使っていて、具体的には以下のようなシーンでiPhoneを鳴らして、

『iPhone忘れ』を防いでます。

  • 朝 家を出るとき
  • 飲み屋から帰るとき
  • 電車降りるとき

音楽再生時 iPhoneのリモコン

私は iPhone + Bluetooth イヤホンで音楽を聴くことが多いです。

次の操作で音楽再生用リモコンを呼び出せます。

  • Apple Watch : 下からスクロールしてメニューを出し、右スクロール1回
  • vivosmart : 左スクロール4回

レジで一時的に曲止めたりするのに使います。

こちらも使い勝手としては、互角か。

どちらも、再生停止、曲送り、曲戻しができる。

iPhoneは音量調整も出来るが、iPhoneのハードボタンでやるので使っていません。


後編【ハードウェア編】に続きます。

【2016/08/14追記】


 

【今回レビューしたもの】

よければこちらも

GPS付きの新型が出ました(2016/08)!くやしい! トレーニング計測する人にならこっちをすすめる。

【購入・検討編】

【計測編】

【 v.s. Apple Watch (後編:ハードウェア編)】


Posted from SLPRO X for iPhone.

-ウェアラブルガジェット, ライフ
-, ,