ウェアラブルガジェット ライフ

GARMIN vivosmart J HR 活動量計 を導入【検討・購入編】

2016/08/13

GARMIN vivosmart J HR を買いました

日常生活を計測するライフログガジェットとして。

【公式】vívosmart J HR | スポーツ・アウトドア | 製品 | Garmin | Japan | Home

http://www.garmin.co.jp/products/intosports/vivosmart-j-hr-black/

ライフログ・フィットネス機能

  • 表示可能なデータ: ステップ、上昇階数、週間運動量、消費カロリー、距離、心拍、心拍ゾーン、平均心拍、時間、日付
  • ムーブバー表示: 1時間以上動き(移動)がない場合に表示
  • アクティビティデータ: タイム・距離・平均心拍・カロリーを計測し、最大14日間のアクティビティデータを内蔵メモリーに保存可能
  • 自動ラップ: アクティビティ実行時に自動でラップを取得(1km/1Mi毎)
  • おやすみモード: 睡眠時間と睡眠中の動きを記録しGarmin Connectで確認可能

歩数、カロリー、心拍数などが取れますが、私の一番の目的は睡眠の計測。

初ガーミン。ヨドバシで約1.5万円。

ライフログガジェット遍歴

  • NIKE+ Fuelband 2012年12月〜2013年12月
  • NIKE+ Fuelband SE 2013年12月〜2016年3月
  • Apple Watch 2015年4月〜

私は記録をとったり、統計を取ったりが好きです。

最初に始めたのは NIKE+ でRUN記録。

ちょうどマラソンを始めたばかりの 2006年9月 の記録が出てきた。

その流れでずっと愛用していた NIKE+。今年 になって NIKE Fuelband SE がお亡くなりになって以来、ライフログとしての計測を辞めてました。

『Googleマップタイムライン』でライフログ熱、再燃

先日より iPhoneによる 『Google マップ タイムライン(※)』の計測を始めた。

※Google マップ上に日にちごとに自分の位置情報の軌跡を表示してくれる。

旅ログに最適。

以前書いた記事です。

これで「いつ、何処にいた」というログはとれるようになったので、他のログもとりたいと熱が上がってきた。

睡眠ログをとりたい

今回はこれまで計測できてなかった"睡眠"を計測したい。

数年前にiPhoneアプリ

『Sleep Time』を使っていた。

しかし、計測するには

アプリを手動起動が必要で、

つまり寝オチした日はとれていなかった。

今回選ぶのは、

睡眠ログが自動でとれること。

どれを買おう

候補は以下

  • jawbone UP3
  • Fitbit

当初はよくTLに流れてくる『jawbone UP3』にしようと思っていた。

しかし、つい先日

常時複数のライフログガジェットを

愛用されてる プロフェッショナル ブロガー 立花さん

お会いする機会がありました。

本件相談し、最終的に

『GARMIN vivosmart J HR』を

購入することに決めました。

以下が私の観点

  • 機能(睡眠ログが楽してとれること)
  • 将来性(NIKE FuelBand のように終わっちゃう製品も多いので)
  • 価格
  • デザイン(毎日つけっぱなので)

購入

こうなったらすぐ欲しい。

Amazonだと九州外からの輸送になり

数日かかりそうだったので、

近所のヨドバシで注文。

こちらも取り寄せになったが、

翌日店舗で受け取れたのでヨドバシにした。

いいね、ヨドバシ、早いよ。

早速開封して、使い始めてみます。

【私が購入した方】GPS不要な方向け。約1.5万


【2016/07/09追記】続き【セットアップ編】を書きました。


【2016/07/10追記】2016/08 GPS付きの新型が出ました。(T皿T)

2016/08発売のGPS付き新型。約2.5万

Posted from SLPRO X for iPhone.

-ウェアラブルガジェット, ライフ
-, ,