Redmine

【ふりかえり】ありがとう Redmine 2021

※この記事は Redmine Advent Calendar 2021 の22日目の記事です。

RedmineAdventCalendar2021-22

Redmine 活動ふりかえり 2021

2021年ももう終わりですね、

2021年の Redmine 活動を振り返ろうと思います!

私は日本の Redmine コミュティ、

redmine.tokyoRemine 大阪 で活動しています(スタッフでもある)。

Redmine コミュニティ活動

メイン活動。

今年も redmine.tokyo はオンライン開催。

redmine.tokyo は過去の登壇資料と

動画が YouTube の redmine.tokyo チャンネルで公開されているので、

あとからでも見返すことが出来るの非常に良い。

Togetter 見るのもたのしい!

第21回では 久しぶりに登壇しました。

最近はイベントの Zoom ホストをやっていたのでそこまで余裕がなかったのだ。

やー 久しぶりの登壇は楽しかった。

追い込んで研ぎ澄まされていく感覚とか たまらない。

じっくり作るより、ギリギリで絞り出したほうが いい汁出るのよねぇ・・・

2021/08 Redmine 4.2 バージョンアップ

  • 2021/03 Redmine 4.2 リリース
  • 2021/07 愛用のプラグインの Redmine 4.2 サポート
  • 2021/08 Redmine 4.2 本番バージョンアップ

2021/08 に 最新の Redmine 4.2 にあげました。

https://twitter.com/netazone/status/1426048974859825163

https://twitter.com/netazone/status/1431144962649853954

安定して、何事もなく(いいのよ)。

今回も『バーチャル同僚』(※)D りょうま 様にリリース作業をリハ含め立ち会っていただきました(3時間)。

※ Zoom で作ったバーチャルオフィスでの仮想同僚

ありがとう りょうま 様!

Redmine カスタマイズ: チャット連携

やりたかった Redmine → チャット連携だけど、

onozaty さんが素晴らしいプラグインを作ってくれたおかげで実現しました。

Redmine issue assign notice plugin

本来 Slack 用とのことでしたが、私の使いたいのは Google Chat。

Google Chat の API仕様書を見て、やってみたところ成功。

googlechat

▲ねんがんの チャット連携 を手に入れたぞ

より簡単に動作させられるようにコード修正まで加えていただきました。

いずれは 逆 チャット → Redmine もやってみたいところ。

Redmine カスタマイズ: 有料テーマ

Redmine UI がチョット というのは

全 Redmine ユーザーの悩みと思いますが、

友人から有料テーマの存在を教えていただいた。

Redmine の有料プラグインは買っていたが、

有料テーマがあるとは思っても見なかったぜ・・・!

Zenmine とセットで2万くらいでした。

特に Boostmine がお気に入り。

Boostmine

Backlog コミュニティと相互イベント

backlogworld

2021/03 Backlog World にて

Backlog のユーザーコミュニティ JBUG(Japan Backlog User Group) と Redmine 対談が実現。

backlogworld-conference

好評につき、

次の 2021/05 redmine.tokyo で続きをやりました。

https://twitter.com/netazone/status/1370640592145842178

私や周りの友人は熱心な Redmine ファンですが、

Issue Tracking System = チケット管理システム の支持しているだけで、

実はツールはどうでもいいのです。

その現場のものを使うので JIRA でも Backlog でも使う。

https://twitter.com/netazone/status/1370641440892588037

redmine.tokyo 10周年を祝う会

redmine.tokyo は 東京 品川で 2011/07 発足した Redmine のユーザーコミュニティ。

活動開始から10年!

なので10周年記念イベントがありました。

https://redmine.tokyo/versions/40

過去のスタッフの方を呼んだり同窓会的なイベント。

 

このコミュニティは完全に無償で、創設時のメンバーが半分も残っている!

10年も続くってすごいよ。

 

最初は苦労するかもだけど、継続することで素晴しいリターンがある、

それが Redmine (ドヤァ)

 

まとめ

そんなわけで今年も Redmine とその仲間たちのおかげで楽しく暮らせてます。

kanpai

もうオンラインなし開催はないだろうけど、

やっぱりオフラインイベントもやりたいなぁ

ありがとう Redmine 。

これからも よろしくね。

スポンサーリンク




-Redmine
-

Copyright© netazone.net , 2022 All Rights Reserved.