【愛用の旅グッズ】バッファローのホテルルーター WMR-433W

投稿日:

宿泊先を快適に

私は旅好きで、年間60日ほどホテルに宿泊しています。

そうなると宿泊先の環境は大事で、

より家に近い環境を追求していくようになりました。

ときどき相談を受けるので、今回私の出張グッズをご紹介。

my_travel_goods_top

▲ホテルではだいたいこんな感じ

  • ホテルルーター 『バッファロー WMR-433W』(この記事で紹介)
  • スマートスピーカー 『Google Home Mini』
  • HDMI スティック『Google Chromecast』、 『Amazon Fire TV』
  • USB充電器 『マイクロソリューション USB PDポート搭載 Smart switch 急速充電器』
  • モバイルバッテリー 兼 USB ACアダプタ 『Anker Power Fusion 5000』
  • ノイズキャンセリングヘッドホン 『BOSE QuietComfort 35』

ホテルルーター

日本のホテルは無線LAN がついているところが多いですが、質はピンキリ。

モバイル回線のが速くない?ってとこも。

チェックインして部屋に入ると、まず無線LANにつなぐわけですが、

パスワードがすぐ見つからなかったり、パスワードが長くて面倒、

実はフロントにパスワードが!なんてこともしばしば。

 

そこでホテルルーターですよ。

ルーターにホテルルーターという種類があるわけではなく、

トラベルルーター、ポータブルルーターなど、ホテルで使われることが多いため、

これらをホテルルーターと呼んでいます。

 

このホテルルーターで、

ホテルの有線LAN を無線化し、自分専用の無線LANエリアを作ります。

travel_router_01

▲バッファローのホテルルーター『WMR-433W』

travel_router_02

▲ 電源用の micro USB と有線LANの口のみ

ホテルルーターのメリット

ホテルの無線LANより速い

通常、有線LANのほうが無線LANより高速です。

無線LANは他の多くの客が使っているので、混んでいます。

逆に有線LANは空いています。

道路を想像すればわかりやすいかと思いますが、

同じ道なら、空いているほうが速度もでるし、快適です。

結果、混んでいるホテルの無線LANより、

空いてる有線LANを使うホテルルーターが速いことが多いです。

↑ホテルの無線LANの場合 ↑ホテルルーターの場合

パスワードの入力が不要

無線ルーターは必ず SSID (無線LANのエリア名のようなもの)がついています。

このSSIDとパスワードを変更して、自宅と同じSSIDとパスワードにしておきます。

【参考】 バッファロー エアステーション設定ガイド

こうすることで、PCやスマホからは自宅の無線LANにいるように処理され、ID/パスワードが不要で繋がります。

同じSSID が同じ場所にあるのはよくないのですが、

ホテルルータは家で電源を入れなければ問題ありません。

家族など同行者が多い場合、台数分パスワードを入れる羽目になりますよね。

あれ、不要になります。

安い

travel_router_03

私が購入したときはヨドバシで 約 1,000円でした。

以前は3,000円とかしたと思うんだけど。

小さい、軽い

travel_router_04

▲めっちゃ小さい、軽い(19g)

travel_pouch

▲USB充電器、ケーブルと一緒にこんなポーチに入れてます

ホテルルーターのデメリット

使えない場合もある

そもそも有線LANがない場合は使えない。

また、海外のホテルでよくあるのですが、

接続に ID・パスワードがいる場合は使えない。

使えない部屋に当たったら泣きましょう。

まとめ

  • ホテルの無線LANが遅いと感じる人
  • ホテルの無線LANのパスワードがめんどうな人
  • ホテルの無線LANにつなぐ機器の多い人
  • ホテルの無線LANを使う機会の多い人

にオススメです。

 

導入すると、チェックインして部屋について、

USB 充電器とホテルルーターをセット。

約1分後には手持ちのデバイスが全部無線LANに接続完了。

ホテルの無線LANのSSIDやパスワードとか見る必要もなし。

快適です♪

 

是非宿泊先で快適な滞在を!

今回紹介したもの

スポンサーリンク




-

Copyright© netazone.net , 2019 All Rights Reserved.