ウェアラブルガジェット ランニング

GARMIN vivosmart 4 活動量計 vivosmart の新型発売

2018/09/16

2016年夏に購入して毎日着用している GARMIN vivoシリーズの 心拍計付き活動量計、

ずっと使っています。

  • vivosmart HR(2016/07〜2017/10)
  • vivosport(2017/10〜)

GARMIN のサイトを見ていたら、vivosmart 3 (2017/05 日本発売)の後継、

『vivosmart 4』を発見。

新型 GARMIN vivosmart 4

2018/08/31頃、GARMIN のUSサイト

新型『GARMIN vivosmart 4』が載ってました。

【2018/09/15 修正】

まずは黒から発売になったようです。


buy-vivosmart4

▲garmin.comで 1-3営業日出荷

日本(garnin.co.jp)では発表まだみたい。

女性がターゲットなのか、紹介動画など全部女性が身に着けている。

製品比較表をチェック

さて、vivosmart 4 が

vivosport 3 および vivosport と

どう違うのかが気になるところ。

これまでの傾向から vivosport の後継機も

この vivosmart 4 に GPS をつけたものになるでしょうから。

さっそく(※PCサイトに)製品比較表があったのでみてみる。

差分のみ表示ができた。これはいい。

vivosmart4_Garmin_Compare

vivosmart 4 と vivosmart 3 との差分

あり(追加)

そんなに目につくのがない。

  • Pulse O2 sensor

酸素濃度測定が目玉機能っぽい。

なし

  • 特になし

その他

  • さらにスマートに(幅15mm←18.5mm )
  • バッテリー:7日 > 5日
  • 重量差: 0g ・・・そのまま

vivosmart 4 と vivosport (GPS付) との差分

あり(追加)

そんなに目につくのがない。

    • Pulse O2 sensor

酸素濃度測定

なし

  • GPS

その他

  • バッテリー: 7日 ・・・そのまま
  • 重量: 3.7g ・・・GPS差分で納得

まとめ

vivosmart 4 の個人的な感想。

  • デザインがさらにスマート
  • 基本機能が強化
  • 魅力的な新機能はない(酸素濃度測定が未知数)

ただ、 vivosmart 3 、vivosport はバンドが切れやすいので、改善されてるといいなぁ。

音楽再生機能かついたら少しうれしいのだけども。

以前のモデルは交換バンドが手に入ったが、売ってないので、メーカーでの対応が必要。

実は私も vivosport のバンドが先日切れて、補償交換しました。

ライフログガジェット ファンは要チェックです。

まずは日本の発表を待ちましょう。


よければこちらも

現行最新の vivosmart 3。だいぶ値下がりしたな・・・。

サイズが S/M と L あるので、サイズ要確認。

GPS付きが欲しいなら 『vivosport』

関連記事(以前使っていた 旧機種 vivosmart HR(2016/01発売) について)

【購入・検討編】

【計測編】

【 v.s. Apple Watch】

前編:ソフトウェア編

後編:ハードウェア編

-ウェアラブルガジェット, ランニング
-