ウェアラブルガジェット ライフ

Nokia Body Cardio (Wi-Fi 体重計) の重要機能が停止、返金対応中(〜2018/03)

2018/05/12

Nokia Body Cardio が売り切れ?

私が愛用している Nokia(旧 Withings ) の Wi-Fi 体重計ですが、ラインナップは上中下の三種類あります。

私が使ってるのは中位機種『Body +』なのですが、

最近ふと見てみたら、最上位機種『Body Cardio』が

Amazon で売り切れになっていた。

まさか、新型か(ガタッ)!?

返金のお知らせ

調べてみると、なんと『Body Cardio』返金対応のお知らせが(2018/01下旬)。

目玉機能の『脈波伝播速度(PWV)機能』が使えなくなったため、返金のお知らせが出ていた。

理由は?

Nokia公式のよくある質問 から引用

当社は現在、脈波伝播速度の測定領域における機能には、異なるレベルの規制上の承認を必要とするかもしれないことを確認しております。当社は規制機関と連携する一方でこれを考慮し、脈波速度機能をオフにする決定を下しました。

・・・機械翻訳っぽい日本語で、な、なにをいってるのかよくわからねえ。

特許か法規制か、とにかく使えなくなるらしい。

2018/01/24以降のソフトウェア・アップデートで無効化されるとか。

これは拒否はできず、強制だという。

ガガーン!

今回のこの『脈波伝播速度(PWV)機能』は、最上位機種『 Body Cardio 』の一番のウリの機能のはずで、

それが使えないと最上位機種『 Body Cardio 』にする意味が無いぜ・・・

『 Body Cardio 』どうなるの?

どうやら将来的に『脈波伝播速度(PWV)機能』を抜いたものとして復活するらしいが、

それなら中位機種の『Body+』 でいいという人も多いだろう。

持っている人はどうすれば?

『Body Cardio』所有者にはメールで連絡がいっているらしいですが、

返金対応は 2018/03/31 までとのこと。

Nokia公式のよくある質問 内にリンクが有りました。

 

別メーカーの体重計に変えると、これまでの体重グラフが活かせないので

私が『Body Cardio』所有者なら、面倒なのでそのまま使うか、

返金して『Body+』を買い直すかな。

下位の『Body+』との差は

下位モデルの『Body+』と『脈波伝播速度(PWV)機能』を除いた差はざっくり、こう。

  • 精度が高い(体重は 0.1kg 単位、『Body+ 』0.2kg 単位)
  • 心拍数計測が可能
  • バッテリが充電式(他は乾電池)
  • 価格(+1万円弱)

これに『脈波伝播速度(PWV)機能』があったのがやはりウリなわけで、

それ以外だと価格差(1万円)を埋めるほど差はないかなぁ。

こちらの記事も参考までに

 

Nokia Body+ がセール中(2018/02現在)

今回の回収騒ぎの影響か、『Body+』は公式サイトで20%OFFセールをやってるらしい。

Amazon でも約10,000円になってますね。

気になってた人はこれを気に購入してみても良いかもしれません。

Nokia Body シリーズを応援しています。

ガンバレ!Nokia!

 

今回紹介したもの

体脂肪の測れる 『Body+』

体脂肪は測れないけど安い『Body』

【購入不可】今回取り上げた最上位機種 『Body Cardio』

よければこちらも

『Nokia Body (Wi-Fi 体重計)と Withings Body の比較してみた』

『Body』WBS05 Wi-Fi 体重計 を購入【購入・検討編】

Withings スマート体重計 『Body』WBS05 Wi-Fi 体重計 をセットアップ【設定編】

-ウェアラブルガジェット, ライフ
-,