iPhone

【iPhone X】iPhone でワイヤレス充電をやってみた

ワイヤレス充電したくなってきた

先日つけたライトニング端子につける ストラップ、毎日活用しています。

 

しかし、不満なところは、

充電時にはストラップを外さないといけない。

多くの人と同様、私も iPhone は寝るときに充電するので、

充電時にストラップを外すのがめんどい。

そして終わったら着けるのがめんどい。忘れていくこともしばしば。

 

ついにあれをやるときが来たか・・・

無接点充電!(ワイヤレス充電)

ワイヤレス充電器を購入

2017年発売の iPhone X, 8, 8 plus は Qi(チー)というワイヤレス充電規格を採用しており、

Android でも 数年前から SAMSUNG GALAXY やNexus 7 (2013)で採用されているため、

各周辺機器メーカーから対応機器が販売されております。

5W? 10W?

iPhone に付属の充電器は 5V × 1A = 5W。

iPad 付属している充電器は 5V × 2.4A = 12W。

iPhone は iPad 付属の充電器でも充電OKと公式に書いてあるので、

iPhone の対応している範囲で W数 の大きい充電器を使うと充電は早くなる。

iPhone X 発売時5Wだったが、iOS 11.2 のアップデート

最大7.5Wの高速ワイヤレス充電が可能になった。

しかし公式に高速充電対応しているのは Apple Store で売られていた

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」と「mophie wireless charging base」。

どちらも お値段 約 7,000円!?高いね!

こうして、他の Qi ワイヤレス充電器を買うことにした。

以前目をつけていた Anker の Qi ワイヤレス充電器を調べたところ、

Anker製が 5W 1,800円、10W 2,500円。

これなら納得の値段だ。お、10Wということは 7.5W超えてるじゃないか。

せっかくだから  Anker社の10W対応 ワイヤレス充電器 「Anker PowerPort Wireless 10」 を購入。

開封

▲開封

▲Qi 充電台 と iPhone

▲充電用の microUSB ケーブル

USB ACアダプタは付属していないため、自分で準備する必要がある。

私は 同 Anker社の 5ポートモデル「Anker PowerPort 5」を愛用しています。

ワイヤレス充電してみる

▲ microUSBケーブルとUSB ACアダプタに接続する

▲iPhone X を載せる

▲充電開始すると、充電台が青色に数回光る

▲充電台だけだとこんなかんじ

感想

  • ◯ ケーブルをつながないでいいのが楽
  • ◯ Lightning ケーブルが不要
  • △ 充電速度はゆっくり。当然 Lightning ケーブル経由が早い
  • △ 正しく充電台に載せねばならない・・・隅っこに一部だけ載った状態では充電されない
  • △ 充電完了したかがわからない
  • △ 分厚いケースだとワイヤレス充電対応しないかも

まとめ

置くだけで充電というのは想像以上にストレスフリーです。

入手後の日々の充電はほとんどこれでやってます。

私の場合、充電が遅いのも就寝時なので気にならない。

対応 iPhone をお持ちの方であれば、

是非やってみるべき。オススメ。

今回紹介したもの

Anker社の10W対応 ワイヤレス充電器 「Anker PowerPort Wireless 10」

Anker社の 5ポートUSB充電器 「Anker PowerPort 5」

よければこちらも

iPhone X の記事一覧

 

iPhone X の発表時の印象

iPhone X 購入前の検討・ケースや保護ガラスの準備

iPhone X を Apple Store で受取〜開封

iPhone X を Apple Store でセットアップ

 

MVNO(格安SIM)の人は iPhone 機種変更時にこちらも忘れないで

 

iPhone X に Anker KARAPAX GlassGuard (保護ガラス)を装着

iPhone X に Anker KARAPAX Shield ケースを装着

iPhone X に ストラップをつけた(Simplism Lightning Strap)

iPhone でワイヤレス充電をやってみた(今回)

-iPhone
-,